家で本気で追い込む【コスパ】最強のおすすめ筋トレグッズ必需品6選


筋肉pedia 今回の記事では、自宅トレーニングを効率よく行うためにおすすめの筋トレグッズを多数紹介していく。

筋トレグッズを取り入れることによって自宅トレーニングのバリエーションが広がり、モチベーションが上がること間違いなし。

新型コロナウイルスの影響もあり、自宅トレーニングについて考え始めた方は多いのではないだろうか?

まずは簡単に購入を考えることができる、コスパ最強の筋トレグッズを紹介していく。

女性も実感。筋トレグッズのメリットとは?


筋肉pedia が今回紹介する筋トレグッズは、非常にコストパフォーマンスが優れている。

そのため、ジムの月会費2か月分である程度のものは揃えることができてしまうため、筋トレに関わる大きな出費であるジムの会費を削減することができる。

また、ジム通いはジムへ行くまでの時間やトレーニング中にも様々な要因が時間の無駄を生み出してしまう。

女性の場合、マシンがマッチョに占領されて使えなかったり、目線が気になったり。

その無駄を排除し、ジムで使えるマシンと同じ効率で体を鍛えることができるのが筋トレグッズだ。

自宅で行えば何も気にすることがなく、無駄が一切なくなるのだ。

それでは筋肉pedia おすすめの筋トレグッズを紹介していこう。

コスパ最強筋トレグッズ6選

筋トレグッズ人気ナンバーワン【チューブ】


チューブを使うことによって、工夫次第ですべての部位のトレーニングを行うことができる自宅トレーニングになくてはならない筋トレグッズだ。

チューブは筋肉が収縮するほど負荷が高まる特徴があるため、ダンベルなどの負荷とは違う負荷のかかり方をする。

筋トレは様々なバリエーションを行うことが必要のため、チューブでのトレーニングも重要視する必要がある。


今回紹介するこちらのチューブは、黄・緑・赤・青・黒と5つの種類(それぞれ4.5kg, 9kg, 13.5kg, 18kg, 22.5kg )プラストレーニングに便利なハンドルも付属されていて1988円という安さ。

チューブのようなどの部位でも鍛える際に必要な筋トレグッズは、部位によって負荷の調節が難しい。

しかし、その部位に合った強度のチューブを選んでトレーニングを行うことができるため、筋肉pedia も愛用中の筋トレグッズだ。

チューブを使ったトレーニングの参考動画

【初心者向け】自宅で出来る!簡単チューブ筋トレで肉体改造【種目紹介】
出典:YouTube

出典:Instagram

こちらはチューブを使って肩を鍛える例。

今回埋め込みさせていただいている、Instagram のアカウント、instagrambodybuilding では、チューブや自重を使った全身のトレーニング方法の投稿を行っているため、要チェックだ。

収納も困らない筋トレグッズ【ダンベル】


次に紹介する筋トレグッズは、筋トレになくてはならないものである、ダンベルを紹介する。

え?家にダンベルなんて置けないし、収納にも困る!

と思ったそこのキミ。

現代では自宅でのトレーニングが有意義なものになるようにこのような商品も存在するため、チェックしてほしい。


ダンベルは重量を扱うミッドレンジ種目やストレッチ種目を行うことができるため、チューブとは違った刺激を入れることができる。

チューブとダンベルを自宅トレーニングに取り入れることによって、筋トレの基礎である POF 法を問題なくこなすことができるということだ。

POF 法については筋肉pedia のこちらの記事をチェック。

ダンベルを使ったトレーニングの参考動画

ベンチ無し!ダンベルのみで上半身全部鍛える15種目【家トレ】
出典:YouTube

プレゼントの定番。腹筋を鍛える筋トレグッズ【アブローラー】


3つ目に紹介する筋トレグッズは、腹筋を鍛えるのに定番のアブローラー。

チューブやダンベルで体の全身を鍛えることができるが、腹筋をメインとして鍛えたいときに使える便利な筋トレグッズだ。

また、アブローラーは非常に安価で買える筋トレグッズのため、一つ持っておいて損はない。


今回紹介するアブローラーは、Amazon 限定ブランドのため、非常にコスパがよく、膝たちでアブローラーを使えるように膝を保護するマットも備えついている。

アブローラーを使ったトレーニングの参考動画

この2つがあればジム要らず!!【最新最強のアブローラーとプッシュアップバー】
出典:YouTube

プッシュアップの限界を超える筋トレグッズ【プッシュアップバー】


プッシュアップバーは主にプッシュアップ(腕立て伏せ)の際に使う筋トレグッズだ。

プッシュアップバーを使うことによって体をより深くまで地面に落とすことができるため、胸の筋肉にストレッチがより深くかかるようになる。

そのため、通常のプッシュアップよりも胸の筋肉にかかる負荷が大きくなり、筋トレの効率が上がる。


こちらのプッシュアップバーも Amazon 限定ブランドになるため、非常にコスパがいい。

プッシュアップバーを使ったトレーニングの参考動画

プッシュアップバー背中まで鍛えれる10種類おすすめの筋肥大トレーニング紹介!【筋トレ】
出典:YouTube

筋トレ器具から床の傷を守る【ヨガマット】


ダンベルなどの筋トレグッズを直接床において床の傷を防ぎたいときや、簡単なストレッチに最適なヨガマットを紹介。

ヨガマットを敷いておけば、床の傷を心配することなくダンベルを置くことができる。

また、仰向けになってトレーニングを行う際にも、体を床に直接つける痛みを感じることなくトレーニングを行うことができるため、おすすめの筋トレグッズだ。


こちらのヨガマットも Amazon 限定のブランドになるため、非常にコスパが良くおすすめの筋トレグッズだ。

背中を追い込むおもしろ筋トレグッズ【壁掛け懸垂バー】


懸垂は背中を追い込む種目として必要不可欠な種目だ。

懸垂バーというと、場所をとったり値段も高かったりと自宅に導入するのは非常に悩ましいところ。

そこで紹介する商品は、自宅のドアにひっかけることで懸垂をすることができるこちらの商品。


付け外しが簡単で、外した後も収納が可能なため、懸垂バーのように常に邪魔になる心配がなく、背中トレに重宝する懸垂バーだ。

懸垂のトレーニングの参考動画

背中に強烈に効く懸垂。山本スペシャルチンニングのやり方。フィジーク選手必見の車内での会話..
出典:YouTube

まとめ


筋トレを続けるためには時間やコスト面で考えても非常にメリットが多い自宅での筋トレ。

上記のような筋トレグッズは、どれをとっても1万円以上かかるものはなく、簡単に揃えられるような筋トレグッズばかりだ。

今後、自宅での筋トレが流行っていく中で、他社と差をつけるにはこのような筋トレグッズを有効活用してほしい。

筋トレグッズを実際に使えば今までに感じたことのない負荷を自宅で経験することができる。